*

英語ならともかく日本語で何でもかんでも結論から言うのは間違っている

公開日: : 行動心理学 , ,

結論から言うと犯人はヤス

社内での大事なプレゼンや受験の小論文、または進捗報告に商品の説明にと昨今は結論から話すのが当たり前であるかのような風潮になっていますが、必ずしも結論から話す事が正しいというわけではありません。結論から言うと、

相手の興味の度合いを考慮して結論から話すべきか判断しましょう

という事です。

ビジネスシーンでは大体結論から先に言う事を求められます。ビジネス書や著名人の本を読むと、結論から話しましょうと書いてあります。実際、コンサルタントも新人で入ると徹底的に結論から話す事を求められます。プレゼンだろうが進捗報告だろうが、まずは結論ありきで説明する事を強く求められます。よくある会話例で言うと、

先輩「さっきお願いした件はどうなった?」

新人「え〜と……クライアントの資料に不明な点が一部あってそれに時間がかかって……それで……」

先輩「ごめん、よくわからない?結局終わったの?」

新人「いえ、一応柄はできているんですが……」

先輩「はいかいいえで!」

新人「いいえ!」

なんてのはどこのプロジェクトでも日常茶飯事で、年次を重ねるとそれがもはや微笑ましくも思えてくるのですが、結論から話すのを徹底してしまうと、何でも結論から話してしまいがちになってしまいます。今回は、あえて反対の立場にたって結論からばかり話すと味気ないという事を説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

そもそも日本語は結論から話すようにできていない

そもそもこの結論から話すというやり方、日本人には向いてません。言語的に考えればわかりますが、日本語では結論は最後にもってきます。いわゆる起承転結の文化が日本で、結論から話すのは英語の文化です。

チョコレートをおねだりする場合

“Please give me your chocolate, I’m hungry.”

「腹が減ったからチョコレートちょうだい。」

シンプルな文ですが、日本語と英語の違いがよく表れていますね。このように、日本語では通常、結論は最後にもってきます。これを結論から先に伝える文化に照らし合わせると、

「チョコレートちょうだい、腹が減ってるんだ。」

というのがわかりやすいという事になってしまいます。意味が伝わるからどちらでもいいじゃないかと思いますし、別にこの言い方がまちがっているとも言いませんが、この結論を先に言うのを恒常化してしまうと、相手の興味を引く力がますます無くなってしまいます。

結論から話す理由

結論から話した方がいい理由としてよくあげられるのは、「相手を飽きさせないから・相手に興味を持ってもらいたいから」ですが、これは逆に結論から話さない場合、

相手は興味を失ってしまう・飽きてしまう

という前提の上に成り立ちます。そんな馬鹿な事ってありませんよね。というのも、相手を飽きさせないように工夫しながら物語を紡いでいく、それが日本が過去何百年にもわたって努力してきた事だからです。いきなり結論から話すことで、

相手を楽しませる努力を放棄している

そんな風にとれます。実際、良いとされるプレゼンや資料には必ず結論が先に書かれ、その後に結論を補足する説明が書かれています。そして最後に念押しと結論が出てきて終わるパターンが圧倒的に多いです。PREP法などと呼ばれています。

PREP法

PREP法

PREP法を用いると相手に論理的に説明をする事が可能になります。ですので、小論文などもこの通りに書かれているのが求められたりします。もちろん、PREP法で書かれた資料は忙しい場合パッと見れるので助かりますが、何か物足りない気がします。それは、この方法自体がアメリカからやってきたせいもありますが、日本語の良さである「物語性」がその資料からは感じ取れないからです。

物語を紡ぎ出すと聞きての興味を引ける

物語性のある内容では、相手はますます興味を掻き立てられてあなたの話に引き込まれていきます。そして最後に結論(お願い)をした場合、何の抵抗もなくあなたの言う通りにしてしまうでしょう。これは、心理学的には親近効果といいます。逆に、最初に印象的な内容で相手の興味を引く事を初頭効果といいます。

初頭効果

最初の印象でその後の判断がされてしまう事

親近効果

最後の印象がその後もずっと残り続けてしまう事

日本語は言語的に結論が最後に持ってこられる方が多いので、親近効果がよく働きます。ですので、物語を紡ぎながら最後まで聞きてを飽きさせずに説明をしましょう……と言いたいところですが、私を含め、大多数の日本人が物語を紡ぎ出すような言霊の使い手ではない事を考えると、妥協点を見つけなければなりません。というわけで、相手の興味次第で結論をどこに持ってくるかを変えましょう。

興味の度合いは場所とテーマによる

もしもあなたが仕事の一環として上司に進捗報告をしなければならないのなら、結論から話すのがいいと思います。

  • 報告
  • 感想

しかし、もしもあなたの話を聞きに誰かが来ているのであれば、結論は最後に持って来ましょう。

  • プレゼン
  • 依頼

まとめ

何でもかんでも結論からばかり話すのは良くないという事を説明しました。相手の興味がありそうなテーマなら結論は最後に、興味なさそうな内容なら結論は最初に持ってくるとよいでしょう。しかし、結論から持ってこないと飽きられると言われ始めたのは、それだけ日本語で説明をしながら終わりまで興味を持って引き込むという、話し手の実力がなくなってきたからという事なのでしょうね。

スポンサーリンク

コード左

コード左

関連記事

札束

パチンコに行く代わりに貯金をしたらリアルに金が貯まる

※本記事はパチンコなどのギャンブルやスマホのガチャの課金等で月に無駄な金をどんどん消費してい

記事を読む

ウザすぎる天使と死んだ僕アイコン

逆境に陥ってしまった時、人は初めて強くなれる

生きていれば辛い事の一つや二つはあるものです。というわけで、今回は何か辛い事があって凹んでる

記事を読む

大きく手を丸にして承諾するビジネスマン

日本人がつくづくイエスマンだと思う理由

今日はふとした疑問からひょんなことを思いついたので書いていきます。 あくまでも個人的な見解です

記事を読む

浮き輪で浮かぶ少年

【すぐに試せる】本当に辛い時に心を落ち着ける方法

人間は生きていれば辛い目に会います。 本日は、そんなあなたが辛いことを乗り越えるための方法をお

記事を読む

タマ、課金を強いられているんだ!

要注意!たった一度の課金で無課金から廃課金になる心理学

パズドラ・乖離性ミリオンアーサー・モンスト・黒猫……無課金だったはずなのに、一度課金してしま

記事を読む

大きく手を丸にして承諾するビジネスマン

「お願いします」をより相手に承諾してもらいやすくする方法

仕事で後輩が休みを告げてくる時は、大体メールが多かったのですが、どうにも私がひねた人間のせい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

麻婆豆腐
コンビニの麻婆豆腐を食べ比べてみた

では、今回は大手コンビニである ファミリーマート、セブンイレブン、ロ

会議の資料
【仕事術】情報の共有には紙やホワイトボードの方がいい場合もある

お久しぶりです。 今抱えている案件がひとまず落ち着いたので、久しぶり

オートミール
ダイエットの救世主!オートミールの美味しい食べ方について

今回は個人的に最強のダイエット食材であると思われるオートミールをいかに

諸葛亮孔明の出師の表から学ぶ、誰かを説得する文章のコツ

今回は諸葛亮が北伐(魏への遠征)に向かう際に、皇帝の劉禅に向けた書いた

大きく手を丸にして承諾するビジネスマン
日本人がつくづくイエスマンだと思う理由

今日はふとした疑問からひょんなことを思いついたので書いていきます。

→もっと見る

  • 当ページの管理人のShaneです。元コンサルタント。今はしがないフリーランス。アプリ開発をしながら人々の役に立つ駄文を垂れ流してます。
PAGE TOP ↑